アロマ ストレッチ 試す

嘔吐、頭痛、唾液があふれでてくる

 

 

息切れや疲れやすさから始まり、吐き気、嘔吐がひどくでた。3ヶ月ほど寝たきり状態で体重は7キロ程減った。ご飯はほとんど食べれず、水分も少ししか呑めなかった。吐き気は一日中続き、1日3-5回ほどはいていた。入院レベルであると医者にいわれたが入院はせず点滴をしてもらっていた。吐き気が少し改善されると、次は頭痛が毎日続いた。頭痛がひどくなると嘔吐を伴い治ることはなかったため、薬を内服したり、冷えピタシートを貼ったりして乗り越えた。唾液づわりは出産までつづき、ティッシュに唾液をずっとだしていた。外出もほとんどできず唇の乾燥もひどかった。7カ月くらいから外に出られるようになったが唾液や口の中の不快感、すっきりしない気持ち悪さはつづき、出産までに週に1回程の嘔吐を繰り返していた。後期になると胃の不快感があったり、胃液が上がってきたりしていた。口の中のまずい不快感もあり、食事はおいしくなく、フルーツをたくさん摂取していた。胃の不快感から食事の一回量は少なくしなければならなかった。妊娠中は常にすっきりしない気持ち悪さがあり本当に辛い妊娠期間だった。

赤ちゃんのことを思って耐えた

 

 

 

赤ちゃんが元気に育ってくれていると信じて乗り越えた

 

アロマについて調べつわりに効果のあるアロマを試してみた

 

散歩に行ける時間があれば無理せずに少しの時間だけでも外に出てみた

 

食べれる物だけを食べるようにした、毎日同じものでも栄養については何も気にしなかった

 

つわりがひどかった友達とメールでアドバイスしあった

 

とにかく刺激がない部屋で寝ていた

 

インターネットや本で赤ちゃんの様子を調べ元気づけていた

 

つわりに効果があるストレッチなどもインターネットで検索して試してみた

 

つわりに効果がある食べ物や飲み物などもインターネットで検索し試してみた

 

動けるようになってからは、無理のない範囲で活動していた。たくさん活動した日はつわりがひどくなったため。

 

運動はほとんどできなかったので家の中でラジオ体操をしていた

 

夫に辛い思いをわかってもらえるように、我慢は一切せずに伝えていた

 

好きなアーティストの音楽を聴いてみたり、時にはクラシックなども聞いていた

こんな記事も読まれています